バフ研磨・サンドブラスト加工・切削加工の浩伸技研。ヘアライン加工について
HOME > バフ研磨 > ヘアライン加工

ヘアライン加工

ヘアライン加工には、主にバンドグラインダーやスクラッチの2種類のヘアライン加工機を使用します。
光沢のない仕上げをされる場合に使用し、各種装飾品やステレオパネルなどの表面処理にも用いられます。

ヘアライン加工の用途

ヘアライン加工の用途をご紹介します。
加工可能サイズや大型装飾品などはご相談ください。

ヘアライン加工で研磨される主な素材
ステンレス アルミ 真鍮など
ヘアライン加工で研磨される主な製品
ステレオパネル 各種装飾品など

ヘアライン加工例

<ヘアライン加工前>
加工前加工前
→
<ヘアライン加工後>
加工後加工後
ポップアップで拡大します

左が加工前、右がヘアライン#100番で加工したものです。
へアライン加工する製品のキズや凹凸を研磨した後、バンドグラインダーやスクラッチで加工します。研磨後とヘアライン加工後の2回にわたり素材表面の検査を行い、加工精度の向上に努めています。アール部分などの細部は、熟練した職人による手作業でのヘアライン加工も施しております。

実際のバフ研磨加工製品はこちらからご覧いただけます。

バフ研磨#200番 | バフ研磨#400番 | バフ研磨#600番 | ヘアライン加工

お問い合わせはこちら
Tel : 044-299-3991 E-mail : info@koushingiken.co.jp

バフ研磨・サンドブラスト・切削加工に関する、 各種お問い合わせは
フォームよりお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム お見積もりフォーム

このページのトップへ


ホーム サイトマップ